【保存版】ポリゴンからイーサリアムに変換する方法【NFT】

雑学
この記事は約4分で読めます。

ポリゴン作品がお迎えしてもらえたら、ポリゴンETH(以下紫ETHと表記します)をイーサリアムETH(以下黒ETHと表記します)にブリッジする必要があります。

つむ
つむ

同じETHなのに変換しなきゃいけないの?なんで?

紫ETHのままでは、日本円への変換ができず、さらに、手順を誤ってしまうとせっかく貯まった紫ETHが消失してしまいます…。

私も少し失ってしまったので、皆様が同じような経験をされないように今回の記事をぜひ参考にしていただけると幸いです。

今回の記事でわかること
  • 紫ETHから黒ETHに変換する方法
  • 変換しないといけない理由

紫ETHから黒ETHに変換する方法

では、簡単に変換するための手順をお伝えします。

  • STEP1
    変換するためのガス代を用意する

  • STEP2
    ポリゴンサイトで変換の手続きをする
  • STEP3
    完了できたか確認する

ガス代を用意する

紫ETHから黒ETHに変換するためには、変換用のガス代として黒ETHが必要になります。

あらかじめ何ETHか用意しておきましょう。

ゆきち
ゆきち

黒ETHは余裕をもっていくらか用意することをオススメします。

ポリゴンサイトで変換する

続いて、ポリゴンの変換サイトにアクセスします。

サイトが無事に開いたら「Polygon Bridge」をクリックします。

「Polygon Bridge」を選択するとイメージ図のような画面になりますので、「Withdraw」をクリックし、紫ETHを選択します。

※FromがPolygon chain、ToがEthereum chainで進めます

無事、紫ETHをどのくらい黒ETHにするのか選択し一番下の「Transfer」を押します。

変換には45分~3時間かかります、また、変換を開始した場合キャンセルはできませんと記載されています。

特に問題がなければ「Continue」を押します。

ゆきち
ゆきち

金額の誤りなどがないかもチェックしてから押しましょう!

変換にかかるガス代が表示されます。

このガス代は目安になるので、これ以上になることもあれば、それ以下の場合もあります。

このまま「Countinue」を押して先にすすみましょう。

イメージ図では伏せていますが、確認のために金額が表示されますので「Countinue」を押して進みましょう。

後は変換が進むのを待ちます。

注意事項

先ほど目安のガス代が表示されたかと思いますがあくまで目安なので、ガス代用の黒ETHが足りないとこの画面のまま進みません…。上手く進めないようであればガス代がまだ足りない可能性が高いので追加しましょう

こちらの画面が表示されれば変換は無事終了です!

おつかれさまでした!

完了できたか確認する

ピースサインが出たらポリゴンサイトでの変換は終わっています、しかし、ウォレットへの反映が遅延していることがあるので、念のためちゃんと移ったかMetaMaskで確認するようにしましょう。

もし途中でページを閉じてしまった場合

誤って変換中の画面を閉じてしまった場合、ポリゴンサイトの「Transaction」を開けば変換画面を開けます。

イメージ図のこちらです。

なぜ変換しないといけないのか

ここまで結構大変な作業だったと思いますが、なぜ変換しないといけないのか簡単にご説明します。

ポリゴンとイーサリアムは全く別のもので、ポリゴンで紫ETHを手に入れたとしても、紫ETHに仮想通貨取引所が対応しておらず、送金しても日本円に切り替えができないからです。

それぞれについては、こちらを合わせてご覧ください。

おわりに

今回はポリゴンの紫ETHからイーサリアムの黒ETHに変換する手順をご紹介いたしました。

私のように資産を失くしてしまう方が一人でもでないことを望んでいます…。

ぜひ、この記事を参考にしていただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました