【簡単】NFTって結局何なの?わかりやすく解説【初心者向け】

基礎知識
この記事は約6分で読めます。
つむ
つむ

NFTについて勉強したけどイマイチピンとこない…

結局アートの話なのかな…?

NFTを始める、理解するにあたって、まず初心者の方がぶち当たるのがこの壁です。

NFTって難しいしわかりにくいですよね。私も理解するまでにたくさんの文章を読んで正直疲れました。

しかし、このページでは初心者目線でも、クリエイター目線でもわかりやすく、簡単にかみ砕いて「結局NFTとは何なのか」という点から「何において今後活躍するのか」まで解説をします。

私のようにたくさんの文章を読んで、理解する時間を要するなんてことはないので、安心してください。

今回の記事でわかること
  • NFTについて
  • NFTを知る上で気を付けること2つ
  • NFTで得られること3つ
  • NFTの期待される展開や将来性について

NFTについて

NFT=アートではない

NFTについて検索すると大体のサイトやブログで、アートとして書かれていることが多いですが、NFT=アートというわけではありません

つむ
つむ

え!?ちがうの!?

じゃあNFTってなんなの!?

NFTとは簡単にかみ砕いてお伝えすると”技術”のことです。

唯一無二を証明する”技術”のこと

とは言ってもわかりにくいと思いますので、例を挙げますね。

こちらに2種類のサインがあります。一方は偽物で一方は本物です。

つむ
つむ

うおおおお

数年後に黒歴史になっていそうな私のサインじゃないか!

そうです、黒歴史です。では、片方は真似て友人に書かせたものですが、このサインどちらが本物か当ててください。

つむ
つむ

む、無理だよ~…

判断できない!

では、こうしたらどうでしょう?

つむ
つむ

なんかコードが付いてる!?

左が本物だ!

そうです!そして、このコードをつける技術こそがNFTということです。

コード(NFT)化されていれば、誰が作成して、誰が所有して、今までにどんな取引が行われていたのか、全てデジタルデータで証明することができるようになります。

つまり、例に挙げたように偽物であったりコピーや複製ではない、唯一無二を証明する技術NFTというわけです。

NFTを知るうえで気を付けたいこと

NFTが何なのか、ざっくりとご理解いただけたかと思います。

では、NFTが現段階で抱える問題についても触れてみましょう。

コピーなどの複製は防ぐことができない

NFT化していてもJPGファイルに変わりはないため、右クリックで簡単に複製できてしまいます。

所有権を得られるわけではない

NFTはデジタル資産です、物質的なモノではありません。そのため、NFTを購入したとしても法律的に所有権を得られるわけではないのです。

NFTで得られること

NFTを保有しているという「所有感」

実際にNFTを保有してみるとわかるのですが、同じJPGでも「所有感」が明らかに変わります。

この点に関して、クリエイター目線でさいとうなおきさんがわかりやすく伝えてくださっています。

私自身も同じように、自分の作品をアイコンにしてくださっている方がいますが、お見掛けするたびに「自分の所有している作品ではない」という感覚になります。不思議ですね。

逆もまた然りで、お迎えした作品をアイコンにした場合は「所有している」という感覚になります。

NFT保有者限定の特典が付与される

海外の作品では、作品の購入者のみDiscordのサーバーに招待をされたり、会員制のイベントに参加することができる権利をもらえたりします。

また、購入者や入札者限定で、別途特典作品のプレゼントが用意されていることも多いです。

ゆきち
ゆきち

その人の作品がはちゃめちゃに好きで、特典目当てで購入する人もいるのだとか…

クリエイターとして、そのような方が居てくださると、自分の作品に価値を見出すことができて嬉しいですね。

本物であるという証明

また、イラストなどのアート界隈でよくある事件がなりすましです。

デジタルアートは右クリックで簡単に保存できてしまうため、このような事件が後を絶たなかったのですが、NFT化することにより、自分が本当の製作者であるということを簡単に証明することが可能になります。

つむ
つむ

自分が本物であるという証明はどうやってするの?

製作者のみ所持しているデータ(メイキングやラフなど)を公開したり、それを、NFTにすることで本物であることが証明できます。

ゆきち
ゆきち

仮になりすまし被害にあってしまったとしても、NFT化されていれば安心です。

期待されるNFTの展開

”偽造できない証明書”としての活用

運転免許証や、在留カードなど本人しか所有できない公的証明書や身分証明書がありますが、中にはそれらを偽造して悪さをする人もいます。

ですが、もし仮に、発行元が公的機関のNFTがあれば、保有者が本人であるという証明を明確にさせることができます。

このような、NFTの非代替不可能な特徴を生かした活用方法に、世界規模で期待が高まっています。

創作物の活性化

2次創作や3次創作において、これまでは、著作権元が許可しているもの、黙認しているものが多く、1次創作者に対しては売上の還元などが行われていませんでした。

しかし、NFTが広まればブロックチェーンで管理することができ、個々でライセンス契約をせずとも、1次創作者がそれらを公認することができます。

また、2次3次創作の売り上げを自動的に1次創作者に還元できるようになる、なんて未来も遠くはないと考えます。

この考え方はNFTが拡大することにより、日本のサブカルチャーをさらに盛り上げることのできる、新しい画期的なマーケットの誕生とも捉えることができるでしょう。

つむ
つむ

NFTが広まってアニメーターさんに還元されるようになるといいなあ

今回の記事のまとめ

今回はNFTとは一体なんなのかというところから解説しました。

最後にわかりやすく簡潔に、このページをまとめてお伝えします。

今回のまとめ

NFTについて

  • NFT=アートではない
  • NFTとは唯一無二を証明する技術のこと

気を付けること

  • コピーなどの複製は防ぐことはできない
  • 所有権を得られるわけではない

NFTで得られること

  • NFTを保有している所有感
  • NFT保有者限定の特典
  • <クリエイター目線>作品の作者は自分だという証明

期待される展開や将来性

  • 偽造できない証明書としての活用
  • <クリエイター目線>創作物の活性化、市場の拡大など

以上です。ちなみにNFTについてこの記事をお読みになっている皆様向けに、無料でできるNFTの始め方という記事も書きました。

簡単でわかりやすく、誰でも理解できるようにしていますので一緒にご覧ください😊

無料でできるNFTの始め方

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました