【初心者向け】ブロックチェーンってなに?簡単に解説【NFT】

基礎知識
この記事は約3分で読めます。

NFTについて学んぶ上で、頻出するのが「ブロックチェーン」です。解説記事や資料を読むと、NFT=ブロックチェーンというような記載が多々見受けられますが、それは誤りです。

今回は初心者でもストンと腑に落ちるような、簡単でわかりやすい解説をしていきたいと思います。

専門用語も必要最低限に絞っていますのでご安心ください。

今回の記事でわかること
  • ブロックチェーンとは何なのか
  • メリット3点を簡単に紹介

それでは本文に入ります。

ブロックチェーンってなに?

NFTはブロックチェーンを活用した技術のことで、ブロックチェーンそのものがNFTであるというわけではありません。

では、NFTとは何なのかというのはコチラでご紹介しています。

初心者向けにNFTが何なのか解説

ブロックチェーンは簡単にお伝えすると、従来のものとは異なった新しいデータベースのことです。

つむ
つむ

どういうことだ…?

記録を残す新しいデータベースのこと

ブロックチェーンとは分散型台帳とも呼ばれている技術で、簡単に説明すると「同じ内容のデータを複数で分散・共有し、お互いの取引を監視しあうことで改ざんを防ぐ」=「みんなで監視してるから悪いことしてもすぐバレるよ」ということです。

中央管理型の場合、管理している会社や個人がデータを改ざんするかもしれない、もしくは、倒産や機械の故障などの、なんらかの理由でデータベースとして機能しなくなる(データの管理が出来なくなる)かもしれない、というようなリスクがありますが、ブロックチェーン型であればデータは参加者間に分散・共有されているため機能しなくなるという心配がほとんどないという訳です。

つむ
つむ

なるほどねー!

ブロックチェーンの3つのメリット

従来の管理技術でも充分機能していましたが、なぜ今新技術(ブロックチェーン型)が注目されているのか、メリットを3つご紹介します。

  • システムの中央管理者が不要
  • 不正や改ざんの制御効果がある
  • コストや取引期間の削減効果がある

システムの中央管理者が不要

ブロックチェーンを用いることでデータは分散・共有されているため、取引を参加者間で監視、保証することができます。

そのため従来型で、その役割をいっぺんに担っていた管理者は不要になり、その分安全性の向上やコスト削減につなげることが出来ます

不正や改ざんの制御効果

先述したように、どのような取引も全て参加者間に分散・共有されます。お互いがお互いのことを監視しデータを守っているため不正や改ざんを防ぐことができます。

コストや取引期間の削減に

ブロックチェーンを用いることでネットワークで即座に情報の分散共有が行われます。

そのため、わざわざコストや時間をかけて記録していたような取引や契約を瞬時に取引台帳に書き込み、参加者全員で確認することができます。

今回の記事のまとめ

今回はブロックチェーンについて簡潔に解説しました。

では、このページを振り返ってみましょう。

今回の記事のまとめ

ブロックチェーンは記録を残す新しいデータベースのこと

ブロックチェーンのメリット

  1. システムの中央管理者が不要
  2. 不正や改ざんを防ぐことができる
  3. コストや取引期間の削減になる

以上です。ちなみに、このブログでは無料でできるNFTの始め方を公開しています。

始めようか悩んでいる方はぜひこの記事を参考にしてやってみてくださいね😊

無料でできるNFTの始め方

ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました