【無料】わずか3STEPでできるNFTの始め方【初心者向け】

NFT
この記事は約5分で読めます。
つむ
つむ

NFTはじめてみたいけど難しそう…

新しいことをはじめるのは学ぶことも多くて大変ですよね、ただ、NFTはきちんとした手順をふめば簡単にはじめることができます。

私は機械音痴のクリエイターですが、私でも簡単にできたのでご安心ください。

また、専門用語は必要最低限で、完全初心者向けに手順を解説していきます。この記事を見れば誰でもNFTをはじめられますよ!

この記事でわかること
  • わずか3STEPでできるNFTの始め方
  • 気を付けたい注意事項

NFTについての根本的な説明はコチラの記事で実施していますので、NFTについてもっと理解を深めたい方は合わせてご覧ください😊

初心者向けNFT解説記事

では本文に入ります。

3STEPのNFTの始め方

多くの資料では、NFTをはじめるためにはまず、日本円をいくらか仮想通貨に変換しなければならない、と記載がありますが、出品のみ(polygon)閲覧のみであれば無料でできます。

つむ
つむ

え!?そうなの!?

てっきりお金がかかるのかと思ってたよ…

では、無料でできる簡単な3つの手順をお伝えします。

  • 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設
  • MetaMask(メタマスク)開設
  • OpenSea(オープンシー)開設

暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設

作品を出品するにも、購入するにも、取引ができる状態でないとはじめることができません

そのため、まずはオンライン上の取引で使用することのできる口座を作るために、暗号資産(仮想通貨)取引所を開設します。

取引所は国内外にたくさんありますが、その中でもオススメはbitbank(ビットバンク)です。直観的で使いやすいため、初心者でも難なく使うことができます。

ゆきち
ゆきち

口座開設には審査があり、1週間から2週間かかってしまうこともあります。
早めに用意しておきましょう。

ビットバンクの詳細記事はこちら
オススメ仮想通貨取引所3つ

MetaMask開設

口座はあってもお財布がないと取引ができないので、MetaMask(メタマスク)の作成をします。

NFTは主にOpenSeaというところで取引を行うのですが、OpenSeaにはこのお財布がないと入ることができません。

メタマスクについてや、作成方法等はコチラで詳しくご紹介しています😊

メタマスクの解説記事

OpenSea開設

お財布(MetaMask)の作製ができたら、OpenSea(オープンシー)の開設です。

OpenSeaとはNFTを取引するweb上のお店(マーケットプレイス)のことで、お財布(MetaMask)と紐づけることで利用が可能になります。

OpenSeaについて詳しくコチラでご紹介しています、合わせてご覧ください。

OpenSeaについてサービス内容~登録、使い方まで徹底解説

お疲れ様です!ここまでくればNFTの取引を行うための準備は完了です。

つむ
つむ

意外と簡単だったな~♪

これでやっと始められるぜ~!

気を付けたい注意事項

NFTをはじめる上で注意していただきたいことがあります。

  • 見知らぬ人からのメッセージには応じない
  • 他人にパスワードを教えない
  • おいしい話には乗らない

見知らぬ人からのメッセージには応じない

私も体験したことがあるのですが、見知らぬ人からメールやDMがくることがあります。

うっかり添付ファイルを開いてしまうと、アカウントが乗っ取られてしまったり、大事な作品が奪われてしまったりと大変なことになってしまいます。

見知らぬ人からのコンタクトには応じないようにしましょう。

他人にパスワードを教えない

OpenSeaのパスワードやMetaMaskのシーフードフレーズなどは絶対に他人に伝えないようにしましょう。

仮に、わからないことがあって助けてくれるような人がいてもパスワードを教えてくれと言われた段階で悪い人確定です。

あなたのアカウントを悪さしようとしていますので、助け船が欲しくても自力で頑張ってみましょう!

おいしい話には乗らない

NFTが売れず、閑古鳥が鳴いてしまうことが多々あります。そういった時に「宣伝してあげるよ!」と声をかけてくださる方もいますが、詐欺まがいの人が多いです。(海外のアカウントで話しかけられた場合は要注意)

後から宣伝料や広告料などを要求されるなんて話もよく聞きますのでご注意ください。

今回の記事のまとめ

今回は無料でできるNFTのはじめ方をご紹介しました。

ぜひこの記事を参考に、NFTデビューしてみてくださいね♪

ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました