【注意】イラストを描く上で気を付けたいこと【初心者必見】

illustration
この記事は約4分で読めます。

私がNFTに参入してから半年以上経ちましたが、そんな中「それって大丈夫なの?」「権利を違反しているのではないか?」と思われるクリエイターさんやNFT作品が少なからずあったので、クリエイターとして気を付けたいことをまとめてみました。

これから絵師を目指す方や、NFTをはじめたいと思っている方の参考になればいいなと思いますので、よろしければ参考にしてください。

著作権について

今回深堀したい権利は著作権についてです。

著作権とは、作品を創造した人が持っている自分の作品を利用する権利のことで、簡単に言うと、創作物を著者ではない第三者が勝手に利用しないよう保護する権利です。

つむ
つむ

創作物には何が該当するの?

例えばイラストや写真、楽曲や小説などの様々なものが該当します。

今回の記事で関係があるのは、イラストや写真についてになります。

4つのやってはいけない行為

著作権を守る上で、よくあるやってはいけない行為をまとめてみました。

  • 無断転載や無断使用
  • トレースやパクり
  • 二次配布や商用利用
  • なりすましなどの自作発言

無断転載や無断使用

TwitterやInstagramなどのSNSや、インターネット上にはステキな作品が溢れています。

しかし、ステキだからと言って作者さんに許可を得ず、他の場所に転載をしたり、勝手にSNSのアイコンなどに使用するという行為は著作権の侵害に該当します。

このイラストを使うことで、イラストの知名度も上がるし

興味をもってくれる人も増えるはずなのになぜダメなんだ!!

宣伝のような効果があるとしても、それはあくまであなたの意見であって、作者は知名度を上げたいとは考えていないかもしれません。あくまでも、作者の許可を得てから使用するようにしましょう

トレースやパクり

他の人の作品や写真などをなぞったり、構図や色を抽出して似たような作品を作成することは著作権の侵害に該当します。

ちなみに、このような行為はこのように呼ばれることがあります。

  • トレパク(そのまま作品をなぞっているもの)
  • 色パク(色を抽出し、そのまま使用しているもの)
  • 構図パク(元のイラストとまったく同じポーズをしているもの)
  • 絵柄パク(元作者さんと、一見見分けがつかないような絵柄のもの)

しかし、作者さんに許可を得ている場合や、SNSなどには載せず、個人でイラストの練習をするためにトレースや模写をすることはOKです。

二次配布や商用利用

作者さんの許可を得ずに作品を他の人に配布したり、勝手に販売をし利益を得るなどの行為は著作権の侵害に該当します。

SNSでは版権イラストや二次創作のイラストを勝手に使って、フォロワーさんを増やすために利用したり勝手にグッズを制作し販売するような方も居ます。

そのため、作品に自分のIDを書いて対策をする方も多いです。

なりすましなどの自作発言

作者になりすまし自作発言をすることも、著作権の侵害に該当します。

なりすましに関しては、詐欺とほぼ同じです。人を騙している行為になりますのでそのような行為は絶対にしないようにしましょう。

ゆきち
ゆきち

なりすましや自作発言をされた側の人間は非常に悲しいです。

作品を作れなくなったり、心を病んでしまうようなこともあります、画面の向こう側には苦労して作品を作った人がいるということを忘れないようにしましょう。

もし被害に合ってしまった、合っている人を見かけたら?

もし自分が被害に合ってしまったり、身の回りで被害に合っている人を見かけたら

被害に合っている人を見かけた場合
  • 作者側に事実確認の連絡をする
  • 通報や運営に報告などの協力をする
自分が被害に合った場合
  • 相手側にアポイントを取り事実確認を行う
  • 相手が認めた場合→即刻作品の削除など対応をしてもらう
  • 相手が認めない、連絡に応じない場合→Twitterなどで注意喚起や通報の強力を促す

というような対応をしましょう。

今回の記事のまとめ

今回は作品制作をするにあたって気を付けたいことを記事にしました。

では、このページを簡単にまとめてみますね。

今回の記事のまとめ

著作権とは、作者ではない第三者が勝手に作品を利用しないように保護する権利のこと

4つのやってはいけない行為

  • 無断転載や無断使用
  • トレースやパクり
  • 二次配布や商用利用
  • なりすましなどの自作発言

つむ
つむ

どうしても描けない絵があって、参考にしたいものがあるときはどうしたらいいの?

そのような場合は自分を使っちゃいましょう

詳しくは後日お話ししますね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました